スペイン語学習の簡単なところと難しいところ。スペイン語勉強歴4年の私が学びながら難易度について感じたこと

スペイン スペイン語学習

あなたがこのページを見ているということは、スペイン語を学ぼうとしている、もしくは、スペイン語圏へ旅行に出かけようとしているなど、多少なりともスペイン語に興味があるということですね。

「スペイン語って簡単なの?難しいの?」

これからスペイン語学習を始める方にとってかなり気になる点だと思います。

そんな素朴な質問にスペイン語勉強歴4年の私が学びながら感じたことを書いていきたいと思います。

どの言語にも、簡単だなと思うこともあれば難しいと思うこともあると思います。

スペイン語も同じです。

スペイン語を学んで私が「簡単!」と思った点と「難しい…。」と感じた点を挙げていきたいと思います。

スペイン語学習で「簡単!」と感じた点

ではまず、簡単だと言える点についてです。
それはスペイン語のアルファベットの発音は基本的にローマ字のそのまま読みでいいということです。

韓国語やタイ語のように、文字をを一つずつ新たに覚えるという必要はありません。

もちろんスペイン語のローマ字読みにもそのまま読まない例外も少しあります。
しかしそれもほんの少し。

パターンを一度覚えてしまえば、とりあえず意味はわからなくても、読むことはできます。

スペオン後の場合“読む”という点に関しては、それほど苦労をしなくてもいいので簡単と言えるでしょう。

スペイン語学習のここが難しい…。

では次に私がスペイン語のどんな点を難しいと感じたかお伝えしていきたいと思います。

男性名詞と女性名詞がある

まず挙げられるのが、

名詞の単語一つ一つが、

男性名詞(前に冠詞el(エル)がつく名詞)

女性名詞(前に冠詞la(ラ)がつく名詞)

に分かれるということです。

まず男性名詞の例をあげてみましょう。
スペイン語で“猫”“gato”(ガト)と言います。
前に冠詞をつけて“el gato”となります。

次に女性名詞の一例です。
スペイン語で“机”“mesa”(メサ)と言い、
前に冠詞をつけて“la mesa”となります。

では、男性名詞と女性名詞をどうやって見分ければ良いのでしょうか。

基本的に、
男性名詞になる単語の最後は、“o”で終わります。

そして、女性名詞になる単語の最後は“a”“e”また、“〜ción”で終わります。

多くの名詞はこれを覚えておけば大抵はOKですが、少ないながらも例外もあります。

名詞を使う時にこれは男性名詞なのか女性名詞なのか考える必要があるという点でスペイン語は難しいと言えます。

スペイン語は動詞の形が変化が難しい!

そしてもう一つ、スペイン語を学ぶ日本人が一番難しいと感じるのが、動詞の形が変化するということです。

例えば日本語で“食べる”という動詞を使うとき「誰が食べるか」に関係なく、“食べる”という表現は変わりませんね。

“私は食べる”“あなたは食べる”という具合です。

しかし、スペイン語は「誰が食べるか」によって動詞の形が変化します。

このことを動詞の活用と言います。

例えば先ほどの“食べる”に関して言うと、この動詞の原型とも言える不定詞は“comer”ですが、「誰が食べるか」によって以下のように変化します。

Yo(私)ー como
Tú(君)ー comes
Usted(あなた)ー come
Nosotros(私たち)ー comemos
Vosotros(君たち) ー coméis
Ustedes (あなた方)ーcomen

お気付きの通り、少しずつ動詞が変化していますね。

ですから日常会話で動詞を使う度に、「誰がそれをするのか」について考えながら動詞を選ばなければなりません。

この点がスペイン語を学ぶにおいて一番難しいと思えることだと思います。

「全部の動詞が変化なんて覚えられない!」
と思うかもしれません。

でもこの動詞の活用はある程度の規則性があります。
この規則性を徐々に理解して慣れてくると、知らない動詞が出てきても動詞の活用が分かってくるようになりますよ。

まとめ

大体のアルファベットがローマ字の発音で良い点は日本人にとってかなり強みです。
スペイン語を学ぶ点での主な関門は、男性名詞と女性名詞についてと、動詞の活用です。

繰り返しになりますがどんな言語にも日本人にとって簡単な面と難しい面の両方があります。
最初から難しいと思う点ばかりを考えるとスペイン語を学ぶ気力も奪われてしまいます。

ですから大切なのは「この点は簡単だから、あとはこの点を頑張ればいいんだ」とポジティブな気持ちです。
まずは基本の挨拶を覚える所からスペイン語学習に励んでいってくださいね。

スペイン語を一人で学ぶのはキツイことも

何事も一人で続けるのって根気が入りますよね。

一緒に頑張る仲間もいないとイマイチ頑張れないこともありますし、
間違いを正してくれる先生がいないのもちょっとキツイです。

でもスペイン語ってちょっとマイナーな言語だから教室ってあるのかなと不安に思うかもしれません。

英会話学習で全国的に有名なECCにはちゃんとスペイン語の教室があります。

外国語を学ぶのは高いと思われがちですが、ECCには初心者におすすめな月謝制の月々1万円以下のコースもありますから、初心者でも始めやすいですよ。

忙しい人にはオンラインで学べるコースもあります。

興味を持った方は、まずは無料レッスンに参加してみましょう。

「ちょっと違うな」
「自分には合わないな」

と思ったらやめればいいだけですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました