スペイン語で「おいしい」は何と言う?基本のフレーズと発音


おいしい食べ物を食べた時、それを言葉で表現したいとき何と言えば良いでしょうか?

今回はスペイン語でおいしいと表現する簡単な言葉をどのように表現できるか学びましょう。

 

スペイン語で「おいしい」基本のフレーズ

f:id:Tennessee-whiskey:20171020131017j:plain

¡Qué rico! (ケ リコ)
“おいしい”

とても簡単な言葉でいろんな場面に使うことができます。ストレートに自分の気持ちを伝えたい時に簡単に出てくる単語ほど気持ちが伝わるのではないでしょうか。

ここで使われている“rico“は美味しい、“美味な“という意味があり食べ物によって“rico“、“rica“と変化します。

例えば 「このハンバーグはなんておいしいのだろう」と言う場合、
¡Qué rica está hamburguesa!(ケ リカ エスタ ハンブルゲッサ)

となります。

同じような言い方で
¡Qué bueno!(ケ ブエノ)
があります。

こちらの言葉も簡単で覚えやすいですね。“Bueno“という言葉には“おいしい“という意味があります。この場合も食べ物によって“bueno“、“buena“と変化しますので食べ物が女性形なのか男性形なのかで使い分けるようにしましょう。
 

「おいしい」のいろいろな表し方

¡Me encanta este sabor! (メ エンカンタ エステ サボール)
“この味、私大好き“という意味

料理の味に対して自分の感情を表現するとても愛想のある言葉です。“Encantar““大好きである“という意味があり、食べ物の他にも動物や物などいろいろなケースに使える表現です。

A mi me gusta este sabor(ア ミ メグスタ エステ サボール)
この表現も“私にとってこの味は好きです“という意味になります。

“gustar““…が好きである““…が気に入る“という意味があり、食べ物、動物、趣味など多岐に渡り使うことができる表現ですね。
いろいろな場面でも活躍する表現ですので覚えておくと便利かもしれませんね。

 

味を表現するスペイン語

その他にも「酸っぱい、辛い、甘い、苦い、塩辛い」といったものも表現できると役立つ時がありますよね。

例えば

“酸っぱい“はスペイン語では“ácido(アシド)“または“agrio (アグリオ)“となります。

“辛い““picante(ピカンテ)“

“甘い““dulce(ドゥルセ)“

“苦い““amargo(アマルゴ)“

“塩辛い““salado(サラード)“

という単語です。

例えば すごく甘いケーキを食べた時はこうなります。

¡Qué dulce este pastel!(ケッ ドゥルセ エステ パステル)

このように料理によってその味も表現できるとさらに美味しく食べることができますし、料理を作ってくれた相手も喜びますよね。

スペイン語で「渋い」⁈

興味深いことに“渋い”という表現はスペイン語ではありませんが、グアテマラの現地の人の言葉によると“agarra mi lengua”(アガラ ミ レングア)つまり“私の舌が握られている”という意味の表現を使ったりします。

もしくは“la lengua seca”(ラ レングア セカ)直訳すると“舌が乾く”という意味になります。
いずれにしてもスペイン語には渋いという単語はないのですが、それを表す独自の表現を使っているようです。

表現が面白いですね。

以上、レストランや現地の方から料理のもてなしを受ける時には覚えておきたい表現でした。

料理の注文や会計時の支払いなど、レストランで使えるスペイン語をさらに知りたい方は下記の記事をチェック。

www.lovetabi.net