スペイン語でさようならは何と言う?アディオス以外の言い方


スペイン語でさようならは何と言うのでしょうか。
この記事では様々な別れのシーンで使えるスペイン語のフレーズをご紹介します。
スペイン語の言い方にもいろいろなバリエーションがありますよ。

スペイン語で「さようなら」基本のフレーズ

f:id:Tennessee-whiskey:20171020131444j:plain

Adiós(アディオス)
“さようなら”

一般的によく使われる挨拶です。

でも、スペイン語にはAdiós(アディオス)意外にも、別れる時に使えるフレーズがいくつかあります。
どれも難しくない短い言葉なので、覚えておくと様々な場面で役に立ちますよ!

¡Hasta la vista! (アスタ ラ ビスタ)
“また会える時まで”という意味があります。

特にvistaの“ビ”の部分にアクセントをつけて発音すると良いですよ。
よく使われる一般的なフレーズです。

「さようなら」の他の言い方

¡Chao!(チャオ)

どんな時にも使える便利なフレーズはこれ!
覚えるのも簡単ですし、時間帯に関係なく、明日会うかどうかにも関係なくどんな場面でも使えるフレーズですよ、是非使ってくださいね。

¡Que tenga buen día!(ケ テンガ ブエン ディア)
“よい1日を”という意味でよく使います。

例えば、さようならをいう時間帯が午前中、またはお昼間だったりした場合に使えます。
これから先、夜まで良い1日を過ごしてくださいね、ということです。
“dia”には“1日”とか“日”という意味があります。

英語のHave a nice day!と同じ使い方で大丈夫です。

ちなみに、これを夕方、または夜の早い時間に言いたい場合はこうなります。

¡Que tenga buena noche!(ケ テンガ ブエナ ノチェ)
“よい夜を”

最後の部分が“夜”という意味の“noche”に変わるだけですよ。

¡Nos vemos!(ノス ベモス)
“また会いましょう”という意味があります。 
この表現は親しい友達やまたすぐに会う友達によく使えるフレーズです。
例えば明日に会う約束をして別れる場合がありますね。その場合はこうなります。

Nos vemos mañana(ノス ベモス マニャナ)

“Mañana”には、“明日”という意味があるので、この文は“また明日会いましょうね”となります。 

¡Hasta mañana!(アスタ マニャナ)
“また明日”という意味です。

先ほども書いたように“明日”という意味の“mañana”を使ったフレーズです。
これは特に、明日会う約束をしてから別れる時には是非使って欲しいフレーズです。

アディオス以外に使えるさようならの言い方を5つ紹介しました。
スペイン語圏の人たちはとっても愛情深く、別れの挨拶も、とても大切にしています。別れる時には一人一人ハグして挨拶してくれます。最初はびっくりするかもしれませんが、ぜひ今日覚えた5つのフレーズを上手に使って、スペイン語圏の人たちとのコミュニケーションを楽しんでくださいね。