スペイン語で「どういたしまして」は何て言う?発音・いろいろな表現方法

f:id:Tennessee-whiskey:20171020125849j:plain

「ありがとう」を言われた時、「どういたしまして」はスペイン語でなんと言えばいいのでしょうか。
今回は、基本的なフレーズと、よく使われる、感謝された時の返し方を紹介していきたいと思います。

  • 「どういたしまして」はスペイン語でこう言う
  • 国によっていろいろな言い方も

「どういたしまして」はスペイン語でこう言う

“De nada.“
(デ ナーダ)

一般的にどのスペイン語圏でも多く使われる“どういたしまして”の言い方です。

“nada”には“何もない”という意味があります。
ですからこのフレーズに“何も気にすることないよ”と言う意味があります。

“No hay de qué.“
(ノー アイ デ ケ)

こちらも“どういたしまして”の意味です。

しかし、上記に書いた“De nada”の方がよく使われます。

続きを読む

スペイン語で「疲れた」は何て言う・訳す?【Estoy cansado】

f:id:Tennessee-whiskey:20171105195914j:plain

長旅で疲れた時、
一日たくさん歩いてヘトヘトになった時、
みんなと一緒にたくさんダンスした時など、(ラテン系スペイン人はみんな踊るのが大好き)

スペイン語で「疲れた」って言いたい時はどう表現することができるでしょうか?


  • スペイン語で「疲れた」と言いたい時
  • 疲れていることを表す別の表現
  • 面白い言い方

スペイン語で「疲れた」と言いたい時

“私は疲れた”と言いたい時、

男性の場合、
“Estoy cansado”
(エストイ カンサード)

女性の場合、
“Estoy cansada”
(エストイ カンサーダ)

と言うことができます。
直訳すると“私は疲れた状態である”という意味です。

“とても“という意味のこれに“muy”をつけて、

“Estoy muy cansado”
(エストイ ムイ カンサード)

“とても疲れている”

と言うこともできます。



疲れていることを表す別の表現

“Tengo cansancio”
(テンゴ カンサンシオ)
“私は疲れを持っている”という意味になります。

“Tener”“持つ”という意味の動詞でいろんな場面で使える動詞です。
“Tener”は疲れた時に加えや次のような状況でも使えます。

“Tengo hambre.”
(テンゴ アンブレ)
“私は空腹です”

“Tengo sueño.”
(テンゴ スエニョ)
“私は眠い”

“Tengo frío.”
(テンゴ フリオ)
“私は寒い”

“Tengo dolor de estómago.”
(テンゴ ドロール デ エストマゴ)
“私はお腹が痛い”

面白い言い方

さらに“疲れた”を表現する面白い言葉としては
“Vengo fundido por camino”
(ベンゴ フンディード ポル カミーノ)

直訳すると“歩きすぎて溶けそうです”という意味になります。

“fundido”“fundir”“溶かす”という意味がありますが、疲れを表現する比喩的な言葉として、私が住んでいるここグアテマラの人たちは使っています。
一日中観光でたくさん歩いた時などに使うことができるかもしれませんね。

以上、スペイン語「疲れた」の表現の仕方でした。

旅行の時には現地のガイドさんにも自分が今どんな状態かしっかりスペイン語で自己主張していきましょう。

続きを読む

スペイン語で「トイレはどこですか?」場所を聞く表現

f:id:Tennessee-whiskey:20171105194354j:plain
海外に来て必ずチェックする言葉の1つに

「トイレはどこですか?」

があるのではないでしょうか。

レストランに入った時、観光中などいろんなシーンで必要になる言葉ですよね。

今日はスペイン語で“トイレはどこですか”のいろんな表現の仕方を一緒に考えましょう。


  • スペイン語で「トイレはどこですか?」
  • 場所を聞くスペイン語の表現
  • トイレを借りる時の別の表現

スペイン語で「トイレはどこですか?」

“¿Dónde está el baño?“
(ドンデ エスタ エル バーニョ)

トイレはどこですか?
という意味です。

“baño”“トイレ”という意味があります。

国によってはトイレのことを“servicio”という場合もあります。



場所を聞くスペイン語の表現

一番シンプルな質問で、この質問の“baño”の部分を変えるだけで、
いろんな場所を知ることができますので、覚えるようにしましょう。

“Dónde”“どこ、どこで”の意味です。

この形を使用して次のように場所を聞くことができます。

“¿Dónde está la estación?”
(ドンデ エスタ ラ エスタシオン)

“駅はどこですか”

“¿Dónde está el parque?”
(ドンデ エスタ エル パルケ)

”公園はどこですか“

“¿Dónde está la entrada( salida)?”
(ドンデ エスタ ラ エントラーダ サリーダ)

”入り口(または出口)はどこですか“

トイレを借りる時の別の表現

” ¿Podría usar el baño?”
(ポドリア ウサール エル バーニョ)
トイレを使うことはできますか?
と言う丁寧な言い方です。

“podría”“poder”の活用形で“…できる”と意味。
“usar”“使う”と言う意味のスペイン語です。

友達の家などでトイレを使いたい時に使うことができるかもしれません。

“Me presta el baño, por favor”
(メ プレスタ エル バーニョ ポルファボール)

“私にトイレを貸してください”という意味になります。

“prestar”
“貸す”という意味のスペイン語。

気の知れた友達であれば、“Me presta el baño” (メ プレスタ エル バーニョ)だけいいでしょう。

“Quiero ir al baño”
(キエロ イール ア バーニョ)

“私はトイレに行きたいです”
の意味になります。

ダイレクトに自分の意思を伝えるのも、トイレの場所を知るためのスペイン語としては使えるかもしれませんね。

以上、「トイレはどこですか?」をスペイン語で聞く方法でした。

ちなみに日本と同じようにどこのトイレに入ってもトイレットペーパーがあるとは限りませんので要注意です!

ここグアテマラではトイレットペーパーもお金を払わなければいけないということがよくあります。
無難にいつもポケットティッシュなどを携帯しておくことをお勧めします。

続きを読む

スペイン語って簡単?それとも難しい?スペイン語勉強歴4年の私が学びながら感じたこと

f:id:Tennessee-whiskey:20171020125849j:plain

海外生活をしてみたい、海外に旅に出たい、海外に旅行に出かけようという時、誰もがその国の言語何か気になるのは必然。

では次に気になるのは何ですか?

その言語が簡単か難しいかどうかではないでしょうか。

さて、あなたがこのページを見ているということは、スペイン語を学ぼうとしている、もしくは、スペイン語圏へ旅行に出かけようとしているなど、多少なりともスペイン語に興味があるということですよね。

「スペイン語って簡単なの?」

そんな素朴な質問にスペイン語勉強歴4年の私が学びながら感じたことを書いていきたいと思います。


  • スペイン語は簡単or難しい?
  • スペイン語が「簡単!」と感じた点
  • スペイン語のここが難しい…。
    • 男性名詞と女性名詞がある
    • 動詞の形が変化が難しい!
  • ビデオ学習でイメージを掴む
  • スペイン語を一人で学ぶのはキツイことも

スペイン語は簡単or難しい?

どの言語にも、簡単だなと思うこともあれば難しいと思うこともあると思います。
スペイン語も同じです。
スペイン語を学んで私が「かんたん!」と思った点と「難しい…。」と感じた点を挙げていきたいと思います。

スペイン語が「簡単!」と感じた点

f:id:Tennessee-whiskey:20171105192854j:plain

ではまず、簡単だと言える点についてです。
それはスペイン語のアルファベットの発音は基本的にローマ字のそのまま読みでいいということです。

韓国語やタイ語のように、文字をを一つずつ新たに覚えるという必要はありません。

もちろんスペイン語のローマ字読みにもそのまま読まない例外も少しあります。
しかしそれもほんの少し。
パターンを覚えてしまえば、とりあえず意味はわからなくても、読むことはできます。
“読む”という点に関しては、それほど苦労をしなくてもいいので簡単と言えるでしょう。

アルファベットの発音に関しては下記の記事で詳しく取り上げています。
www.lovetabi.net

スペイン語のここが難しい…。

では、どんな点が難しいと言えるでしょうか。

男性名詞と女性名詞がある

まず挙げられるのが、

名詞の単語一つ一つが、
男性名詞(前に冠詞el(エル)がつく名詞)

女性名詞(前に冠詞la(ラ)がつく名詞)
に分かれるということです。

例をあげてみましょう。
スペイン語で“猫”“gato”(ガト)と言います。
前に冠詞をつけて“el gato”となります。こちらは男性名詞。

また“机”“mesa”(メサ)と言い、こちらは女性名詞で“la mesa”となります。

どうやって見分ければ良いのでしょうか。

基本的に、
男性名詞になる単語の最後は、“o”で終わります。

そして、女性名詞になる単語の最後は“a”“e”また、“〜ción”で終わります。

多くの名詞はこれを覚えておけば大抵はOKですが、少ないながらも例外もあります。

名詞を使う時にこれは男性名詞なのか女性名詞なのか考える必要があるという点でスペイン語は難しいと言えます。

動詞の形が変化が難しい!

そしてもう一つ、スペイン語を学ぶ日本人が一番難しいと感じるのが、動詞の形が変化するということです。

例えば日本語で“食べる”という動詞を使うとき「誰が食べるか」に関係なく、“食べる”という表現は変わりませんね。

“私は食べる”“あなたは食べる”という具合です。

しかし、スペイン語は「誰が食べるか」によって動詞の形が変化します。

このことを動詞の活用と言います。

例えば先ほどの“食べる”に関して言うと、この動詞の原型とも言える不定詞は“comer”ですが、「誰が食べるか」によって以下のように変化します。

Yo(私)ー como
Tú(君)ー comes
Usted(あなた)ー come
Nosotros(私たち)ー comemos
Vosotros(君たち) ー coméis
Ustedes (あなた方)ーcomen

お気付きの通り、少しずつ動詞が変化していますね。

ですから日常会話で動詞を使う度に、「誰がそれをするのか」について考えながら動詞を選ばなければなりません。
この点がスペイン語を学ぶにおいて一番難しいと思えることだと思います。

全部の動詞が変化なんて覚えられない!と思うかもしれませんね。
しかしこの動詞の活用はある程度の規則性があります。
この規則性を徐々に理解して慣れてくると、知らない動詞が出てきても、動詞の活用が分かってくるようになりますよ。


さて、スペイン語は簡単なのかと言う点を考えてきました。

大体のアルファベットがローマ字の発音で良い点は日本人にとってかなり強みです。

スペイン語を学ぶ点での主な関門は、男性名詞と女性名詞についてと、動詞の活用です。

どんな言語にも簡単な面と、難しい面があるでしょう。
難しいと思うことばかりを考えると学ぶ力も奪われてしまいますね。

ですから大切なのは「この点は簡単だから、あとはこの点を頑張ればいいんだ」とポジティブな気持ち。

まずは基本の挨拶を覚える所からスペイン語学習に励んでいってくださいね。

ビデオ学習でイメージを掴む

ネットで見れるビデオ講座でスペイン語を学ぶ方法もおすすめです。

Udemyというシリコンバレー発祥の世界的に有名なオンラインフォーラムがあるのですが、
こちらではネイティブの先生による旅行のためのスペイン語会話講座ビデオが2000円程度で購入できます。

長すぎず、短すぎず、旅行ですぐに使える基本的な表現を一気に学ぶことができるのでおすすめですよ。

購入は簡単ですので、興味を持った方は下記からどうぞ。

▶︎▶︎【集中講座】旅行のためのスペイン語会話 - Castellano para Viajar

スペイン語を一人で学ぶのはキツイことも

何事も一人で続けるのって根気が入りますよね。

一緒に頑張る仲間もいないとイマイチ頑張れないこともありますし、
間違いを正してくれる先生がいないのもちょっとキツイです。

でもスペイン語ってちょっとマイナーな言語だから教室ってあるのかなと不安に思うかもしれません。

英会話学習で全国的に有名なECCにはちゃんとスペイン語の教室があります。

外国語を学ぶのは高いと思われがちですが、ECCには初心者におすすめな月謝制の月々1万円以下のコースもありますから、初心者でも始めやすいですよ。

忙しい人にはオンラインで学べるコースもあります。

興味を持った方は、まずは無料レッスンに参加してみましょう。

「ちょっと違うな」
「自分には合わないな」

と思ったらやめればいいだけですからね。

詳しくは下記からどうぞ

▶︎▶︎ECCのスペイン語無料体験レッスンの詳細

続きを読む

レストランでのスペイン語会話例文 料理を注文する時の言い方?

f:id:Tennessee-whiskey:20171105185847j:plain
スペイン語圏でレストランに行った時にどんな言葉や単語を覚えておくと良いでしょうか。

どうやって注文を頼めばいいのか、テーブルの上のフォークやスプーンなどの食器類はスペイン語で何と言うのか、会計をしたい時はどうすればいいのか、などレストランで必要になるであろうスペイン語を一緒に見て行きましょう。


  • レストランでのスペイン語会話
    • レストランに入って座りたい場所がある場合のスペイン語
  • レストランで料理を注文するスペイン語会話
  • テーブルの上の食器類を表すスペイン語
  • 会計時のスペイン語
    • クレジットカードに関するスペイン語
  • レストランでトイレの場所を聞く時

レストランでのスペイン語会話

実際に私が覚えていて役立ったスペイン語がいくらかお役に立てばと思います。

レストランに入って座りたい場所がある場合のスペイン語

場所にもよりますが、どうせ座るなら綺麗な景色が見える場所に座って食事を楽しみたいですよね。

レストランに入って“あそこに座りたい”と思った時や実際に綺麗な景色が見れる場所に座りたい時はスペイン語で何と言えば良いでしょうか。

“Quiero sentar allá”
(キエロ センタール アヤ)

“私はあそこに座りたい”
という意味です。

“Quiero”“…がしたい”
“Sentar”“座る”
“allᔓあちらへ、あちらに”という意味で、指をさした方向を意味します。

指をさして自分の座りたいところを指定できるとても簡単で使いやすいスペイン語ですね。

“Quiero sentar donde podemos ver la buena vista”
(キエロ センタール ドンデ ポデモス ベール ラ ブエナ ビスタ)
“綺麗な景色が見えるところに座りたいです”
という意味になります。

海沿いのレストランなど綺麗な景色が見えるレストランでは是非使って見てください。店員が良い席に案内してくれるでしょう。



レストランで料理を注文するスペイン語会話

f:id:Tennessee-whiskey:20171105185948j:plain

さて次にレストランで注文したい時スペイン語で何と言えばいいでしょうか?

頼みたいメニューを指差し、次のように言うことができます。

“Uno de esto, por favor”
(ウノ デ エスト、ポルファ ボール)

“これを一つください”
という意味です。

“uno”“一つ”を意味し、
“esto”“これ”を意味します。

シンプルで覚えやすいですね。

スペイン語で“メニュー”“Menú”(メヌー)と言います。

ちなみにレストランによっては「本日のおすすめ料理」があります。

なので、こんな風にも聞くことができます。

“¿Tiene menú del día?”
(ティエネ メヌー デル ディア)“

今日のおすすめ料理ありますか?”

“¿Alguna oferta hay?”
(アルグーナ オフェルタ アイ)

“特別価格のものありますか?”

レストランによっては日によって“dos por uno”(ドス ポル ウノ)といって、“二個で一つ分の価格!“というメニューがありますので、店員さんに聞いてみるのもいいかもしれませんよ。

www.lovetabi.net

テーブルの上の食器類を表すスペイン語

f:id:Tennessee-whiskey:20171105185448j:plain

レストランで食事している時に自分の皿が汚れていたり、スプーンが少し汚れている、もしくは食事中に落としてしまった、など小さなハプニングは付きもの。
それでテーブル上にある食器類の名前やまた交換してほしい時にスペイン語でどのようにいうか考えましょう。

まず基本的なテーブルの上の食器類などの名前から。

cuchara(クチャーラ)
スプーン

tenedor(テネドール)

フォーク

cuchillo(クチージョ)
ナイフ

plato(プラト)

taza(タサ)
コップ

servilleta(セルビジェータ)
ナプキン

次にそれらのものが汚れていたりした場合こう言えます。

“¿Podría cambiarlo? Porque está sucio.”
(ポドリア カンビアールロ、ポルケ エスタ スーシオ)

少しダイレクトですが、“汚いので変えてもらえますか”という意味になります。

さらに、“お願いします”の意味の“por favor”(ポルファ ボール) を付け加えるとより親切かもしれませんね。

会計時のスペイン語

f:id:Tennessee-whiskey:20171105190228j:plain

美味しい料理をいただき、いよいよお会計ですね。
レストランでのお会計時、スペイン語で何と言えばいいでしょうか?

“La cuenta por favor ”
(ラ クエンタ ポルファ ボール)

“勘定お願いします”

“cuenta”“勘定”を意味するスペイン語になります。
簡単で短いので覚えやすいですね。

さらに少し上品に言うなら下記のように。

“¿Nos puede traer la cuenta,por favor?”
(ノス プエデ トラエール ラ クエンタ、ポル ファボール)

“勘定を持ってきてもらえますか”
という意味になりとても親切な表現です。

クレジットカードに関するスペイン語

f:id:Tennessee-whiskey:20171105190345j:plain

カード払いで勘定を済ませたい場合はこう言えます。
¿Podría pagar con tarjeta de crédito?”
(ポドリア パガール コン タルヘタ デ クレディト)

“クレジットカードで払えますか?”

“podría”はpoderの活用で“…できる”という意味でしたね。
“pagar”“払う、支払う”

“ tarjeta de crédito”“クレジットカード“のスペイン語です。
全部合わせて“クレジットカードで払えますか?”の意味になります。

クレジットカードで支払いする時に
“contraseña,por favor”(コントラセニャ ポルファ ボール)と言われるかもしれません。
“contraseña””パスワード”のことです。
つまり“クレジットカードのパスワードを入れてください”ということです。

南米、中米では治安が悪いので、パスワードを打つ時は悪用防止のため、他の人から見られないように上手く片方の手で隠しながら打ち込むように注意しましょうね。

レストランでトイレの場所を聞く時

ちなみにレストランでお手洗いに行きたい時のスペイン語はこうです。

“¿Dónde hay el baño?“
(ドンデ アイ エル バーニョ)

“トイレはどこにありますか?“という質問です。

“dónde”“どこに”
“hay”はhaberの現在形で“…がある”
“el baño”“トイレ”の意味です。
国によっては“servicio”(セルビーシオ)がトイレを指すスペイン語になります。

ちなみに
 男性用トイレは“hombre”(オンブレ)または “caballero”(カバジェーロ)
 女性用トイレは“mujer”(ムヘール)または“señora ”(セニョーラ)
の表示があります。

稀ではありますが、トイレットペーパーがない時はこう店員に伝えましょう。
ここグアテマラではこのようにいうのが一般的です。

“¡No hay papel de toilette!”(ノー アイ パペル デ トイレット)
“トイレットペーパーがないよ”という意味になります。

他にも幾らかの表現があります。
詳しくは下記の記事をチェック。
www.lovetabi.net

さて、これまでレストランで使うであろうスペイン語を一緒に考えてきましたね。
簡単な言い方から少し丁寧なスペイン語まで学んできましたが、ぜひ機会があれば使ってみてください。
国によって少しスペイン語は違いますが今日学んだフレーズはどれも基本的なものばかりです。
機会あるごとに使って楽しい時間を過ごしてくださいね。

以上,レストランで役立つスペイン語でした。

続きを読む

スペイン語で「はじめまして」は何て言う?発音の注意点

f:id:Tennessee-whiskey:20171105181437j:plain

学生時代の英語の教科書で最初に学ぶ会話文の1つにNice to meet you.がありますね。
初めて人に会った時の最も基本的な会話です。

旅の途中では様々な場面で様々な人と出会います。
一期一会かもしれない出会いをより大切にするために、相手とのコミュニケーションを少しでも取れるように努力したいものですね。

では、スペイン語でよく使う基本的な“初めまして”はどのように言うのでしょうか?初めて人に会った時に使えるいくつかの簡単な言い方を挙げてみましたので、ぜひ覚えて使ってください。

  • スペイン語で「はじめまして」
  • より丁寧な言い方

スペイン語で「はじめまして」

“Mucho gusto.”
(ムチョ グスト)

“初めまして”

どんなスペイン語圏でもよく使われる最も基本的な言い方です。
短くて簡単なので覚えやすいですね。

余談ですがこの文の最初に“con”(コン)をつけると、“Con mucho gusto”となります。
これは“喜んで(いたします)”と言う意味です。

何かを頼まれた時に“喜んでしますよ!”と言いたい時使える爽やかな一言です。“Con“をつけるだけなので、よかったら一緒に覚えて使ってください。

続きを読む

入国審査で使えるスペイン語例文【空港で使うスペイン語会話】

f:id:Tennessee-whiskey:20171105175830j:plain
旅行の中でも一番緊張するのは入国審査ですよね。スペイン語で質問される場合にあらかじめフレーズや単語を覚えておけば必要以上にドキドキせずに済みます。
この記事では覚えておきたい入国審査の際に使えるスペイン語をご紹介します。

  • 入国審査の際に使えるスペイン語
  • 入国の目的を聞かれたら
  • 滞在期間に関する質問

入国審査の際に使えるスペイン語

“Enséñame su pasaporte”
(エンセニャメ ス パスポルテ)

“あなたのパスポートを見せてください“

という意味です。

“Pasaporte“パスポートです。

“Enséñame“は審査員から見て、“私に見せてください“という意味があります。

入国の目的を聞かれたら


“¿Qué propósito de su visita?”
(ケ プロポジト デ ス ビジータ) 

“何の目的の訪問ですか“

という質問です。

この質問に対しては

“Para turismo”
(パラ トゥリズモ)

“観光のためです”

と答えることができます。

続きを読む

飛行機に乗るときに役立つスペイン語

f:id:Tennessee-whiskey:20171105174404j:plain
この記事では飛行機の機内で使えるスペイン語の例文を紹介しています。
日本からメキシコの飛行機の場合は日本人のクルーが乗員しているので安心ですが、例えばメキシコからグアテマラなど、メキシコを経由した後の便はスペイン語が必須ですね。便によってはアメリカ経由もあるのでその際もスペイン語が必要になる場面も出てきます。

  • 機内の中で役立つスペイン語
    • 機内サービスの際に役立つフレーズ
    • ドリンクの種類
  • 年齢確認で使えるスペイン語
  • 毛布が欲しい時は、スペイン語で何て言う?

機内の中で役立つスペイン語

機内で使える簡単なスペイン語についてみていきましょう。

機内サービスの際に役立つフレーズ

“Un café sin azúcar por favor”
(カフェ シン アスーカル ポルファボール)

コーヒーを砂糖なしでお願いします。

“Un café”コーヒー
“Sin azúcar”砂糖なし
“Por favor”お願いします 

の意味です。

続きを読む

スペイン語で家族紹介する方法。お父さん・お母さん・兄弟姉妹・祖父母・息子・娘など家族構成を表す単語

f:id:Tennessee-whiskey:20171020130737j:plain

スペインや南米に旅行に行く時、よく聞かれるのは家族構成。
特に南米の家族はとても人数が多く、絆もとても強いのが特徴です。

自己紹介をした後に、よく、兄弟は何人いるの?お父さんお母さんは元気?と聞かれます。
そんな時、自分の家族を上手に紹介できるように、今回は簡単に覚えられるスペイン語で家族の紹介する仕方を学びましょう!

  • お父さん、お母さんを表すスペイン語
  • 他の家族を表すスペイン語
    • 兄弟、姉妹を表すスペイン語
    • 祖父、祖母を表すスペイン語
    • 息子、娘を表すスペイン語
  • 何人兄弟かを伝えるスペイン語
  • スペイン語で一人っ子は何と言う?

 

お父さん、お母さんを表すスペイン語

まず、お父さん、お母さんはスペイン語でなんと言うのでしょうか。

“お父さん““padre(パドレ)““お母さん““madre(マドレ)“と言います。

また、英語や日本語でもよく使うように“papa(パパ)““mama(ママ)“とも言います。

簡単ですね。


例えば相手に、“彼は私のお父さんです”と言いたい時はこう言います。

El es mi padre.(エル エス ミ パドレ)

“El”は、“彼”のことです。

例えば、自分の隣にお父さんがいる時は、紹介しながらこのように言うことができます。

その場にお父さんがいない場合もありますよね。そんな時は、携帯の写真などを見せて、指を指しながら、この文を言うこともできます。

“彼女は私のお母さんです”と言いたい場合は、こうなります。

“Ella es mi madre.(エジャ エス ミ マドレ)“

“Ella”“彼女”のことです。

今、二つの例文を書きましたが、この二つを覚えておくと、あとは兄弟、姉妹、祖父母など単語を変えるだけで、自分の家族をたくさん紹介できますよ!

続きを読む

スペイン語での自己紹介 名前の言い方の例文と発音の仕方

初めて誰かと会った時の最初のステップは自分を知ってもらうことですよね。
スペイン語で自己紹介する時、実は3通りの表現があります。
今日はスペイン語での自己紹介の方法を学びましょう。

  • スペイン語での自己紹介の方法
  • スペイン語の発音で注意したい点

 

スペイン語での自己紹介の方法

f:id:Tennessee-whiskey:20171020132428j:plain

“Soy koulli”(ソイ コウジ)
“私はこうじです。“

最も簡単な自己紹介の表現です。
動詞は“ser”“…である”という意味があります。
この単語は自分がどんな人間なのかを表現するためにも使うことができます。

例えば、

“soy gemelo,la”(ソイ ヘメロ、 ヘメラ)
“私は双子です”

“soy soltero,la”(ソイ ソルテーロ、ソルテーラ)
“私は独身です”

などなど自己紹介のバラエティを増やすためにも使うことができますので覚えておくて便利ですね。
“Me llamo koulli”(メ ジャモ コウジ)  
“私はコウジと呼ばれています”

動詞の“llamar(ジャマール)”は“…という名前である““…と呼ばれる”という意味があり、直訳すると“わたしは自分をコウジと呼んでいる”という意味になります。

あなたは何と呼ばれているの?を意味する“¿Cómo te llamas?”(コモ テ ジャマス)と質問された時、使いたい自己紹介の表現です。

“Mi nombre es koulli”(ミ ノンブレ エス コウジ)
“私の名前はコウジです”という意味の自己紹介の表現。

英語で言う“My name is…”になります。

“nombre”“名前“,“名称“という意味があります。

以上がスペイン語で自己紹介する時に使うことができる表現でした。

続きを読む