レストランでのスペイン語会話例文 料理を注文する時の言い方?

f:id:Tennessee-whiskey:20171105185847j:plain
スペイン語圏でレストランに行った時にどんな言葉や単語を覚えておくと良いでしょうか。

どうやって注文を頼めばいいのか、テーブルの上のフォークやスプーンなどの食器類はスペイン語で何と言うのか、会計をしたい時はどうすればいいのか、などレストランで必要になるであろうスペイン語を一緒に見て行きましょう。


  • レストランでのスペイン語会話
    • レストランに入って座りたい場所がある場合のスペイン語
  • レストランで料理を注文するスペイン語会話
  • テーブルの上の食器類を表すスペイン語
  • 会計時のスペイン語
    • クレジットカードに関するスペイン語
  • レストランでトイレの場所を聞く時

レストランでのスペイン語会話

実際に私が覚えていて役立ったスペイン語がいくらかお役に立てばと思います。

レストランに入って座りたい場所がある場合のスペイン語

場所にもよりますが、どうせ座るなら綺麗な景色が見える場所に座って食事を楽しみたいですよね。

レストランに入って“あそこに座りたい”と思った時や実際に綺麗な景色が見れる場所に座りたい時はスペイン語で何と言えば良いでしょうか。

“Quiero sentar allá”
(キエロ センタール アヤ)

“私はあそこに座りたい”
という意味です。

“Quiero”“…がしたい”
“Sentar”“座る”
“allᔓあちらへ、あちらに”という意味で、指をさした方向を意味します。

指をさして自分の座りたいところを指定できるとても簡単で使いやすいスペイン語ですね。

“Quiero sentar donde podemos ver la buena vista”
(キエロ センタール ドンデ ポデモス ベール ラ ブエナ ビスタ)
“綺麗な景色が見えるところに座りたいです”
という意味になります。

海沿いのレストランなど綺麗な景色が見えるレストランでは是非使って見てください。店員が良い席に案内してくれるでしょう。



レストランで料理を注文するスペイン語会話

f:id:Tennessee-whiskey:20171105185948j:plain

さて次にレストランで注文したい時スペイン語で何と言えばいいでしょうか?

頼みたいメニューを指差し、次のように言うことができます。

“Uno de esto, por favor”
(ウノ デ エスト、ポルファ ボール)

“これを一つください”
という意味です。

“uno”“一つ”を意味し、
“esto”“これ”を意味します。

シンプルで覚えやすいですね。

スペイン語で“メニュー”“Menú”(メヌー)と言います。

ちなみにレストランによっては「本日のおすすめ料理」があります。

なので、こんな風にも聞くことができます。

“¿Tiene menú del día?”
(ティエネ メヌー デル ディア)“

今日のおすすめ料理ありますか?”

“¿Alguna oferta hay?”
(アルグーナ オフェルタ アイ)

“特別価格のものありますか?”

レストランによっては日によって“dos por uno”(ドス ポル ウノ)といって、“二個で一つ分の価格!“というメニューがありますので、店員さんに聞いてみるのもいいかもしれませんよ。

www.lovetabi.net

テーブルの上の食器類を表すスペイン語

f:id:Tennessee-whiskey:20171105185448j:plain

レストランで食事している時に自分の皿が汚れていたり、スプーンが少し汚れている、もしくは食事中に落としてしまった、など小さなハプニングは付きもの。
それでテーブル上にある食器類の名前やまた交換してほしい時にスペイン語でどのようにいうか考えましょう。

まず基本的なテーブルの上の食器類などの名前から。

cuchara(クチャーラ)
スプーン

tenedor(テネドール)

フォーク

cuchillo(クチージョ)
ナイフ

plato(プラト)

taza(タサ)
コップ

servilleta(セルビジェータ)
ナプキン

次にそれらのものが汚れていたりした場合こう言えます。

“¿Podría cambiarlo? Porque está sucio.”
(ポドリア カンビアールロ、ポルケ エスタ スーシオ)

少しダイレクトですが、“汚いので変えてもらえますか”という意味になります。

さらに、“お願いします”の意味の“por favor”(ポルファ ボール) を付け加えるとより親切かもしれませんね。

会計時のスペイン語

f:id:Tennessee-whiskey:20171105190228j:plain

美味しい料理をいただき、いよいよお会計ですね。
レストランでのお会計時、スペイン語で何と言えばいいでしょうか?

“La cuenta por favor ”
(ラ クエンタ ポルファ ボール)

“勘定お願いします”

“cuenta”“勘定”を意味するスペイン語になります。
簡単で短いので覚えやすいですね。

さらに少し上品に言うなら下記のように。

“¿Nos puede traer la cuenta,por favor?”
(ノス プエデ トラエール ラ クエンタ、ポル ファボール)

“勘定を持ってきてもらえますか”
という意味になりとても親切な表現です。

クレジットカードに関するスペイン語

f:id:Tennessee-whiskey:20171105190345j:plain

カード払いで勘定を済ませたい場合はこう言えます。
¿Podría pagar con tarjeta de crédito?”
(ポドリア パガール コン タルヘタ デ クレディト)

“クレジットカードで払えますか?”

“podría”はpoderの活用で“…できる”という意味でしたね。
“pagar”“払う、支払う”

“ tarjeta de crédito”“クレジットカード“のスペイン語です。
全部合わせて“クレジットカードで払えますか?”の意味になります。

クレジットカードで支払いする時に
“contraseña,por favor”(コントラセニャ ポルファ ボール)と言われるかもしれません。
“contraseña””パスワード”のことです。
つまり“クレジットカードのパスワードを入れてください”ということです。

南米、中米では治安が悪いので、パスワードを打つ時は悪用防止のため、他の人から見られないように上手く片方の手で隠しながら打ち込むように注意しましょうね。

レストランでトイレの場所を聞く時

ちなみにレストランでお手洗いに行きたい時のスペイン語はこうです。

“¿Dónde hay el baño?“
(ドンデ アイ エル バーニョ)

“トイレはどこにありますか?“という質問です。

“dónde”“どこに”
“hay”はhaberの現在形で“…がある”
“el baño”“トイレ”の意味です。
国によっては“servicio”(セルビーシオ)がトイレを指すスペイン語になります。

ちなみに
 男性用トイレは“hombre”(オンブレ)または “caballero”(カバジェーロ)
 女性用トイレは“mujer”(ムヘール)または“señora ”(セニョーラ)
の表示があります。

稀ではありますが、トイレットペーパーがない時はこう店員に伝えましょう。
ここグアテマラではこのようにいうのが一般的です。

“¡No hay papel de toilette!”(ノー アイ パペル デ トイレット)
“トイレットペーパーがないよ”という意味になります。

他にも幾らかの表現があります。
詳しくは下記の記事をチェック。
www.lovetabi.net

さて、これまでレストランで使うであろうスペイン語を一緒に考えてきましたね。
簡単な言い方から少し丁寧なスペイン語まで学んできましたが、ぜひ機会があれば使ってみてください。
国によって少しスペイン語は違いますが今日学んだフレーズはどれも基本的なものばかりです。
機会あるごとに使って楽しい時間を過ごしてくださいね。

以上,レストランで役立つスペイン語でした。

続きを読む

スペイン語で「はじめまして」は何て言う?発音の注意点

f:id:Tennessee-whiskey:20171105181437j:plain

学生時代の英語の教科書で最初に学ぶ会話文の1つにNice to meet you.がありますね。
初めて人に会った時の最も基本的な会話です。

旅の途中では様々な場面で様々な人と出会います。
一期一会かもしれない出会いをより大切にするために、相手とのコミュニケーションを少しでも取れるように努力したいものですね。

では、スペイン語でよく使う基本的な“初めまして”はどのように言うのでしょうか?初めて人に会った時に使えるいくつかの簡単な言い方を挙げてみましたので、ぜひ覚えて使ってください。

  • スペイン語で「はじめまして」
  • より丁寧な言い方

スペイン語で「はじめまして」

“Mucho gusto.”
(ムチョ グスト)

“初めまして”

どんなスペイン語圏でもよく使われる最も基本的な言い方です。
短くて簡単なので覚えやすいですね。

余談ですがこの文の最初に“con”(コン)をつけると、“Con mucho gusto”となります。
これは“喜んで(いたします)”と言う意味です。

何かを頼まれた時に“喜んでしますよ!”と言いたい時使える爽やかな一言です。“Con“をつけるだけなので、よかったら一緒に覚えて使ってください。

続きを読む

入国審査で使えるスペイン語例文【空港で使うスペイン語会話】

f:id:Tennessee-whiskey:20171105175830j:plain
旅行の中でも一番緊張するのは入国審査ですよね。スペイン語で質問される場合にあらかじめフレーズや単語を覚えておけば必要以上にドキドキせずに済みます。
この記事では覚えておきたい入国審査の際に使えるスペイン語をご紹介します。

  • 入国審査の際に使えるスペイン語
  • 入国の目的を聞かれたら
  • 滞在期間に関する質問

入国審査の際に使えるスペイン語

“Enséñame su pasaporte”
(エンセニャメ ス パスポルテ)

“あなたのパスポートを見せてください“

という意味です。

“Pasaporte“パスポートです。

“Enséñame“は審査員から見て、“私に見せてください“という意味があります。

入国の目的を聞かれたら


“¿Qué propósito de su visita?”
(ケ プロポジト デ ス ビジータ) 

“何の目的の訪問ですか“

という質問です。

この質問に対しては

“Para turismo”
(パラ トゥリズモ)

“観光のためです”

と答えることができます。

続きを読む

スペイン語で家族紹介する方法。お父さん・お母さん・兄弟姉妹・祖父母・息子・娘など家族構成を表す単語

f:id:Tennessee-whiskey:20171020130737j:plain

スペインや南米に旅行に行く時、よく聞かれるのは家族構成。
特に南米の家族はとても人数が多く、絆もとても強いのが特徴です。

自己紹介をした後に、よく、兄弟は何人いるの?お父さんお母さんは元気?と聞かれます。
そんな時、自分の家族を上手に紹介できるように、今回は簡単に覚えられるスペイン語で家族の紹介する仕方を学びましょう!

  • お父さん、お母さんを表すスペイン語
  • 他の家族を表すスペイン語
    • 兄弟、姉妹を表すスペイン語
    • 祖父、祖母を表すスペイン語
    • 息子、娘を表すスペイン語
  • 何人兄弟かを伝えるスペイン語
  • スペイン語で一人っ子は何と言う?

 

お父さん、お母さんを表すスペイン語

まず、お父さん、お母さんはスペイン語でなんと言うのでしょうか。

“お父さん““padre(パドレ)““お母さん““madre(マドレ)“と言います。

また、英語や日本語でもよく使うように“papa(パパ)““mama(ママ)“とも言います。

簡単ですね。


例えば相手に、“彼は私のお父さんです”と言いたい時はこう言います。

El es mi padre.(エル エス ミ パドレ)

“El”は、“彼”のことです。

例えば、自分の隣にお父さんがいる時は、紹介しながらこのように言うことができます。

その場にお父さんがいない場合もありますよね。そんな時は、携帯の写真などを見せて、指を指しながら、この文を言うこともできます。

“彼女は私のお母さんです”と言いたい場合は、こうなります。

“Ella es mi madre.(エジャ エス ミ マドレ)“

“Ella”“彼女”のことです。

今、二つの例文を書きましたが、この二つを覚えておくと、あとは兄弟、姉妹、祖父母など単語を変えるだけで、自分の家族をたくさん紹介できますよ!

続きを読む

スペイン語での自己紹介 名前の言い方の例文と発音の仕方

初めて誰かと会った時の最初のステップは自分を知ってもらうことですよね。
スペイン語で自己紹介する時、実は3通りの表現があります。
今日はスペイン語での自己紹介の方法を学びましょう。

  • スペイン語での自己紹介の方法
  • スペイン語の発音で注意したい点

 

スペイン語での自己紹介の方法

f:id:Tennessee-whiskey:20171020132428j:plain

“Soy koulli”(ソイ コウジ)
“私はこうじです。“

最も簡単な自己紹介の表現です。
動詞は“ser”“…である”という意味があります。
この単語は自分がどんな人間なのかを表現するためにも使うことができます。

例えば、

“soy gemelo,la”(ソイ ヘメロ、 ヘメラ)
“私は双子です”

“soy soltero,la”(ソイ ソルテーロ、ソルテーラ)
“私は独身です”

などなど自己紹介のバラエティを増やすためにも使うことができますので覚えておくて便利ですね。
“Me llamo koulli”(メ ジャモ コウジ)  
“私はコウジと呼ばれています”

動詞の“llamar(ジャマール)”は“…という名前である““…と呼ばれる”という意味があり、直訳すると“わたしは自分をコウジと呼んでいる”という意味になります。

あなたは何と呼ばれているの?を意味する“¿Cómo te llamas?”(コモ テ ジャマス)と質問された時、使いたい自己紹介の表現です。

“Mi nombre es koulli”(ミ ノンブレ エス コウジ)
“私の名前はコウジです”という意味の自己紹介の表現。

英語で言う“My name is…”になります。

“nombre”“名前“,“名称“という意味があります。

以上がスペイン語で自己紹介する時に使うことができる表現でした。

続きを読む

スペイン語で「おいしい」は何と言う?基本のフレーズと発音

おいしい食べ物を食べた時、それを言葉で表現したいとき何と言えば良いでしょうか?

今回はスペイン語でおいしいと表現する簡単な言葉をどのように表現できるか学びましょう。

  • スペイン語で「おいしい」基本のフレーズ
  • 「おいしい」のいろいろな表し方
  • 味を表現するスペイン語
  • スペイン語で「渋い」⁈

 

スペイン語で「おいしい」基本のフレーズ

f:id:Tennessee-whiskey:20171020131017j:plain

¡Qué rico! (ケ リコ)
“おいしい”

とても簡単な言葉でいろんな場面に使うことができます。ストレートに自分の気持ちを伝えたい時に簡単に出てくる単語ほど気持ちが伝わるのではないでしょうか。

ここで使われている“rico“は美味しい、“美味な“という意味があり食べ物によって“rico“、“rica“と変化します。

例えば 「このハンバーグはなんておいしいのだろう」と言う場合、
¡Qué rica está hamburguesa!(ケ リカ エスタ ハンブルゲッサ)

となります。

同じような言い方で
¡Qué bueno!(ケ ブエノ)
があります。

こちらの言葉も簡単で覚えやすいですね。“Bueno“という言葉には“おいしい“という意味があります。この場合も食べ物によって“bueno“、“buena“と変化しますので食べ物が女性形なのか男性形なのかで使い分けるようにしましょう。

続きを読む

スペイン語でさようならは何と言う?アディオス以外の言い方

スペイン語でさようならは何と言うのでしょうか。
この記事では様々な別れのシーンで使えるスペイン語のフレーズをご紹介します。
スペイン語の言い方にもいろいろなバリエーションがありますよ。

  • スペイン語で「さようなら」基本のフレーズ
  • 「さようなら」の他の言い方

スペイン語で「さようなら」基本のフレーズ

f:id:Tennessee-whiskey:20171020131444j:plain

Adiós(アディオス)
“さようなら”

一般的によく使われる挨拶です。

でも、スペイン語にはAdiós(アディオス)意外にも、別れる時に使えるフレーズがいくつかあります。
どれも難しくない短い言葉なので、覚えておくと様々な場面で役に立ちますよ!

¡Hasta la vista! (アスタ ラ ビスタ)
“また会える時まで”という意味があります。

特にvistaの“ビ”の部分にアクセントをつけて発音すると良いですよ。
よく使われる一般的なフレーズです。

続きを読む

スペイン語でおやすみなさいは何と言う?発音の注意点 Buenas nochesの意味

f:id:Tennessee-whiskey:20171020132009j:plain
スペイン語で“おやすみなさい”は何と言うのでしょうか?

ひとことで“おやすみなさい”と言ってもいろんな表現があります。

今回は簡単な表現でよく使われるフレーズをまとめてみました。


 

スペイン語で「おやすみなさい」基本のフレーズ

¡Buenas noches!
(ブエナス ノチェス)

“おやすみなさい”という意味になります。

よく使われる一般的なフレーズです。

ちなみにこの言葉は“こんばんは”という挨拶の一つでもあります。

ですから、夜に人に会った時にも使えますし、夜に相手と別れる時にも使える、そんな万能な挨拶のフレーズです!



 

「おやすみなさい」のいろいろな言い方

¡Feliz noche!
(フェリス ノチェ)

“幸せな夜をね”という意味になります。

短い言葉であり、かっこいいセリフですよね。簡単なので是非覚えて使ってみてくださいね。

¡Que descanse bien!
(ケ デスカンセ ビエン)

“よく休んでね”という意味です。

例えば、一日一緒に遊んで過ごした日や、何か大変なことがあった一日の夜に相手に伝えられる気遣いの言葉にもなりますね。他にも、相手の体調が悪いことを知った時にも掛けてあげられる素敵な言葉です。

¡Que duerma bien!
(ケ ドゥエルマ ビエン)

“よく寝てね”という意味です。

上記に書いた“よく休んでね”とセットで覚えることのできるフレーズです。


¡Que tenga buena noche!
(ケ テンガ ブエナ ノチェ)

“良い夜を”という意味です

特に夜、別れの挨拶の際、良い夜を過ごしてくださいね、という意味で使います。

少し長いですが、個人的には意味が素敵なので是非覚えて使って欲しいフレーズです。

スペイン語でおやすみなさいと言えるフレーズをいくつか紹介しました。

さようならという意味の挨拶以外に、特に夜に相手と別れる時に使えるフレーズなので、別れの挨拶に加えて一つ覚えてみるのはいかがですか?

きっと少しずつ語彙が増えていって、スペイン語圏の人たちとのコミュニケーションがもっと楽しくなりますよ。