中南米でのバス・タクシーの乗り方と役立つスペイン語

少し歩くには遠すぎる時や少し遠いところに旅行に出かけたい時などバスやタクシーは便利ですよね。南米や中米のある国ではチキンバスと言われるアメリカでよく走っている黄色いバスがよく走っています。またミクロバスというハイエースのようなワゴンが交通の便として使われています。他にもタクシーがありますがどれも日本と比べて料金が安いのが特徴です。

ではバスやタクシーに乗る時に役立つスペイン語や注意点も一緒に見ていきましょう。

バスに乗るときに役立つスペイン語

基本的にバスには”Ayudante”(アジュダンテ)と言われるお金を集める助け手がいます。その人が大きい声でそのバスの行き先を叫んでいますし、バスにも”○○行き”と表示がしてありますので確認することが大事です。ただし、バスには時刻表がありません。行きたい時にバスが通る道に出て、来たバスに乗るというのが基本です。辛抱強く待ちましょう。

行き先が少し不安な時はこう尋ねることができます。

“¿A dónde va?”(ドンデ バ)
Dóndeは“どこに”
vanは“行く”のスペイン語で
“どこに行きますか?”の意味です。簡単で覚えやすいですね。

または
行き先を含めてこう言えます。

“¿Va a ir a○○?”(バ ア イル ア ○○)
“〇〇に行くつもりですか?”という意味になります。


“Quiero ir a 〇〇”(キエロ イル ア 〇〇)
“Quiero”は“…したい”
“ir”は“行く”で
“私は〇〇に行きたいです”という意味のスペイン語です。

ちなみにグアテマラの私が住んでいる街のバスは一回に1.25Q(約20円)です。

注意点*バスの中ではスリに要注意!貴重品や高価なものなどはカバンの見えないところ、もしくはしっかりとチャックを閉めること。できればカバンは前に持ちましょう。特に人がたくさん乗っているバスなどではスリに注意が必要です。

タクシーの乗り方

バス乗り場の近くにきっとタクシーのおじさん達も待機しているはず。
人が多いバスに比べてタクシーの方が優雅に乗れますね。また荷物をたくさん持っている時はタクシーの方が安心ですよね。
ではタクシーに乗る時のスペイン語や注意点も見ましょう。

1 タクシーに乗る前の注意点としてまず初めに料金を聞きましょう。

“¿Cuánto cuesta?”(クアント クエスタ)

“いくらですか”という意味になります。
外国人だと少し多めに料金設定してくることがありますので、あらかじめ確認しておくのは大切です。できれば先に、現地の人にタクシーの相場を聞いておけるとよいですね。

2 行きたい場所を伝えましょう。

“Quiero ir a 〇〇”(キエロ イル ア 〇〇)

さきほども見たように“Quiero ir a〇〇”で“〜まで行きたいです”のスペイン語でしたね。

どこまで自分が行きたいか伝えるなら運転手さんもわかりやすいですよね。

以上がバスやタクシーを乗る時に役立つスペイン語または注意点でした。

続きを読む

観光に役立つスペイン語

海外での観光において私達が目にするのは異国の文化や風習。時にこれはなんだろう?あれは何?と聞きたくなることがありますよね。そんな時に使える簡単なスペイン語を勉強していきましょう。
また観光地で有名なレストランや場所を尋ねる方法についても見てきましょう。

“¿Qué es esto?(ケ エス エスト)

“Qué es”で…は何ですか?という意味になります。
“esto”は“これ”を意味し、話し手から最も近い場所にあるものや物体を指す場合に使います。
会話の中で一番使うのが、この表現かもしれませんね。
お土産を買うためにいろんなものを見ていると稀にこれは何のために使うのだろうと、わからない時は¿Qué es esto?と 店員さんに質問してみましょう。

¿Qué es eso?(ケ エス エソ)

“eso”は“それ”を意味するスペイン語で、話し手から少し離れたものや場所を指す時に使います。
手が届かないところにあるものについて聞きたい時に“あれは何ですか?”と質問できるかもしれませんね。


¿Qué es aquella?(ケ エス アケジャ)

“aquella”は“あの、その”という意味で話し手から遠くに離れたものを指す時に使います。
かなり離れたもので何かわからないものがある時によく使える簡単なスペイン語です。観光の時などは遠くの景色を楽しみますが、そんな時に指をさして“あの建物は何ですか?”など質問できます。

現地の人に有名なレストランを聞いてみよう!

せっかくの観光ですから美味しいレストランで食事を楽しみたいですよね。きっとネットでもたくさんの情報を集めることができると思いますが、案外現地の人の方が地元で愛されていて、かつ美味しくてコスパがいいレストランを知っているものです。私もここグアテマラの現地の人に美味しくてコスパが良いお店をいくつも紹介してもらいました。
ではスペイン語でみて見ましょう。

“¿Dónde es la restaurante más famoso?”
(ドンデ エス ラ レスタウランテ マス ファモソ)

“Dónde es”は“…はどこですか”
“la restaurante”は“レストラン”
“más famoso”は“最も有名な、人気な”という意味で、人気のレストランはどこにありますか?という意味のスペイン語になります。

少し余談ではありますが、よく現地の人からは親切心からこう言われます。
“Ten cuidado la comida de la calle”
(テン クイダド ラ コミダ デ ラ カジェ)“

“Ten cuidado”“気をつけなさい”
“la comida ”“食べ物”
“de la calle”“通り、街路”という意味で、
“道端で売っている食べ物には気をつけなさいよ”という意味になります。

確かに道端で売っている食べ物は衛生的に安全性が低いですし、お腹を壊す確率は高いので注意が必要です。現地の人が気をつけなさいと言われるのであればそれに従うようにしましょうね。

以上が観光の時に役立つスペイン語でした。ぜひ、スペイン語であれこれ質問してみてください。そして新たな発見や美味しいレストランなどを見つけて思い出の多い旅にしてくださいね。

www.lovetabi.net

www.lovetabi.net

www.lovetabi.net

続きを読む

スペイン語の野菜や果物の単語

買い物などで使える野菜や果物のスペイン語の単語をご紹介します。
f:id:Tennessee-whiskey:20171109083944j:plain

野菜のスペイン語の単語

トマト 
tomate(トマテ)

かぼちゃ
calabaza(カラバサ)

玉ねぎ
cebolla(セボヤ)

キャベツ
repollo(レポヨ)

じゃがいも
papa(パパ)

ほうれん草
espinaca(エスピナカ)

きゅうり
pepino(ぺピノ)

かぶ 
rábano(ラバノ)

続きを読む

買い物の時のスペイン語会話例文 「いくらですか?」「どこにありますか?」値切り交渉について

f:id:Tennessee-whiskey:20171109083950j:plain

買い物に行ってこの商品が欲しいけど、それがどこにあるか分からない…、または値段が分からない…、ということってありますよね。そんな時に定員にその商品の場所を聞くための簡単なスペイン語、またはメルカドと呼ばれる市場で買い物をする時に役立つスペイン語をみていきましょう。

  • 値段を尋ねる時のスペイン語
  • 市場での値切り交渉
  • 欲しい量を伝える
  • 商品がどこにあるかスペイン語で聞く

値段を尋ねる時のスペイン語

スーパーやお店などで買い物をする場合は基本的には値札がついていますが、メルカドと呼ばれる市場で野菜や生活必需品を買う場合は値段を聞いたり、または値段交渉する必要があリます。
なぜかというと、メルカドでは二重価格が存在するからです。
特に外国人に対しては値段を高くつける場合があリますので、値段の聞き方や値段交渉のやり方についてスペイン語でなんと言うか覚えておくのは必須ですね。

メルカド普通のスーパーで買い物をするより断然安い値段でものを手に入れることができますし、スーパーでは売っていない野菜や果物など日本では見る機会がないであろう、いろんなものに出会うことができますよ!


”¿Cuánto vale esto?”
(クアント バレ エスト)
“これはいくらですか?”

“Cuánto”“いくら”
“vale”“価値”
“Esto”“これ” という意味のスペイン語で、手に持っているもの、指の指しているものを示します。

他にも
“¿Qué precio tiene ?“
(ケ プレシオ ティエネ)

“precio”“値段“
“tiene”“持つ“という意味のスペイン語です。

“これはいくらですか?”という意味になります。

さらに
“¿Cuánto cuesta?“
(クアント クエスタ)

“Cuánto”“いくら”
“cuesta”“…かかる“ という意味で、いくらですか?という質問になります。

www.lovetabi.net
www.lovetabi.net

続きを読む

スペイン語で「いただきます」「ごちそうさま」は何て言うの?表現の方法と発音の注意点

f:id:Tennessee-whiskey:20171020131017j:plain

美味しい食事をご馳走になった時、レストランで食事を頂く時、屋台で現地の方とコミュニケーションを取りながらの食事、など海外旅行また海外生活では現地の方と食事をする機会もありますね。日本だと“いただきます”と“ごちそうさま”というのが習慣的ですね。さて、スペイン語で「いただきます」「ごちそうさま」を表す言葉は何でしょうか?

そのことについて扱う前にひとつ。
私がスペイン語を学んでから、ここグアテマラに滞在する今まで、私が知っている限り、この「いただきます」「ごちそうさま」の2つの言葉を直接意味するスペイン語は聞いたことがありません。

実は日本語にはあって、スペイン語にはないフレーズがいくつかあります。

例えば「いただきます」「ごちそうさま」以外にも、「お疲れ様です」「ただいま」「いってきます」という言葉も直訳がありません。

しかし、それを表す表現は存在します。

今回は「いただきます」「ごちそうさま」に近い食事の前後に使えるスペイン語の表現を紹介します。



「いただきます」「ごちそうさま」に近い言葉

まず、食事をする前に、食事を作った人が“召し上がれ”という意味で

“Buen provecho”
(ブエン プロベチョ)

と言うことがあります。また、ここグアテマラでは

“Sírvense”
(シルベンセ)

と言われることもあります。“食べてくださいね”と言う意味合いがあります。このように言われた場合は
“Gracias”(グラシアス)
と言って感謝してから頂くようにしましょう。

食べる前、美味しい匂いがしている時、“いい匂いだね”と言いたい時はこう言います。
“¡Huele rico!”
(ウエレ リコ!)

また、料理を見て、“美味しそう〜”と言いたい時はこうなります。
“¡Se ve rico!”
(セ ベ リコ!)

ぜひ使ってみてください。作ってくれた人もきっと喜びますね。

そして、頂いた食事の感想を作ってくれた相手に伝えられるといいですね。
“美味しい”はスペイン語で何と言うかに関しては下記の記事を参照してくださいね。

www.lovetabi.net

ちなみに、他に表現があるとすれば、例えば料理を目の前にした時に“さあ食べるよ〜”と言う意味で、
“A comer”
(ア コメール)

ということもあります。

お腹が空いていて,しかも美味しそうな食事を前にした時には興奮しますよね!
そんな時には気持ちを込めて“ア コメ〜〜ル”と言ってみましょう!

さて、“ごちそうさま”にあたる表現についてはどうでしょうか。
直接訳せる言葉はないですが、例えば、お腹がいっぱいで美味しくて“とても満足です”と言いたい時に、こう言えます。

言う人が男性の場合
“Estoy satisfecho”
(エストイ サティスフェチョ)

言う人が女性の場合
“Estoy satisfecha”
(エストイ サティスフェチャ)

またスペイン語圏の人はキリスト教文化なので食事を食べた後に神様に感謝する意味を込めて、

“Gracias a Dios”
(グラシアス ア ディオス)

と言うこともあります。

その食事が相手からの招待だったりした場合は、招待してくれた人、作ってくれた人に食べた後も気持ちを込めて
“ Muchas gracias”
(ムチャス グラシアス)

と言えるといいですね。

ありがとうの言い方については表現方法が色々あるので、下記の記事を参考になさってください。

www.lovetabi.net

続きを読む

スペイン語で数字は何というの?0,1,2,3,4,5,10〜15の言い方・発音

f:id:Tennessee-whiskey:20171105234044j:plain
スペイン、または南米旅行で、何か物を買いたい時、飲食店に行くとき、また、家族が何人いるか紹介したい時、覚えておきたいのは数字ですね。

1から10の数字の言い方・発音を覚えるだけでもたくさんの場面で役立ちます。

今回は基本的な数字の読み方を学んでみましょう!

0〜15の言い方

早速、0〜15のスペイン語と読み方を見てみましょう。

0 cero (セロ)
1 uno (ウノ)
2 dos (ドス)
3 tres (トレス)
4 cuatro(クアトロ)
5 cinco(スィンコ)
6 seis (スェイス)
7 siete(スィエテ)
8 ocho (オチョ)
9 nueve(ヌエベ)
10 diez (ディエス)
11 once(オンセ)
12 doce(ドセ)
13 trece(トレッセ)
14 catorce(カトルセ)
15 quince(キンセ)

11~15は、英語と同じで規則のない表現なので、このまま覚えるしかないものです。

例えば何かの歌に合わせて覚えたり、毎日使うように努力すればいつか覚えられますが、個人的にオススメで私も役に立ったのは、無料のアプリを使うことです。

最近ではスペイン語を覚えるための無料のアプリがたくさんあります。その中にも音楽に合わせて数字を覚えるものがあったり、他にも動物の名前、食べ物の名前などを覚えるのに役立つアプリもたくさんありますよ、一度検索してみるのもいいですね。

続きを読む

スペイン語で「ありがとう」の言い方・発音

f:id:Tennessee-whiskey:20171105232932j:plain
美味しいご飯をご馳走になった時、バスから降りる時、様々な生活の中で感謝の気持ちを伝えることは大切なことですね。

スペイン語で「ありがとう」を伝えたい時、どんなフレーズを使うことができるでしょうか?

簡単な表現方法から感謝の度合いによって言いたい、いろいろな表現を学んでいきましょう。

スペイン語で「ありがとう」

“Gracias”
(グシアス)

“ありがとう”

とても簡単でストレートに感謝の気持ちを表すことができる単語ですね。

さらにこの単語に“多くの、とても”という意味の“mucho, mucha”(ムーチョ,ムーチャ)を付け足して

“Muchas gracias”ムーチャス グシアス)“本当にありがとう”の意味になります。

さらにありがとうを強調したい時などは

“Muchísimas gracias”
(ムチィシマス グシアス)
“本当に、非常にありがとう”

“Un millón de gracias”
(ウン ミジョン デ グアシアス)
“本当にありがとう”

などの表現があります。

特に “un millón de gracias”(ウン ミジョン デ グシアス)は手紙の最後などに感謝の気持ちを伝える時に使うことができます。

続きを読む

スペイン語で親戚を表す単語【いとこ・祖父・祖母・曽祖父・曽祖母・義父・義母・姪・甥・義兄弟・義姉妹】

f:id:Tennessee-whiskey:20171105232029j:plain

スペイン、特に南米の家族は家族の数がとても大きいのが特徴。

単に家族を紹介すると言ってもこの人もあの人も親戚という面白い現象がよく生じます。

親族と一言で言っても、叔父、叔母、いとこ、などなどたくさんの表現がありますね。

相手に親族を紹介してもらった時、そして私たちも自分たちの親族についてスペイン語で紹介したい時、役立つように今回は親戚の言い方の色々を書いてみたいと思います。

スペイン語での親戚の単語【祖父・祖母など】

祖父、祖母
abuelo abuela(アブエロ、アブエラ)

曽祖父、曽祖母
bisabuelo bisabuela(ビスアブエロ、ビスアブエラ)

義父、義母
suegro suegra(スエグロ、スエグラ)

従兄弟、従姉妹(いとこ)
primo prima(プリモ、プリマ)

姪、甥
sobrino sobrina(ソブリノ、ソブリナ)

義兄弟、義姉妹(小舅、小姑)
cuñado cuñada(クニャード、クニャーダ)

続きを読む

【数字の覚え方】100はスペイン語で何と言う?16-100の数字の発音・言い方 

f:id:Tennessee-whiskey:20171105234411j:plain
前回書いた記事では数字の0〜15の言い方を学びました。
日常会話の中で0〜15は多く使うかもしれません。

www.lovetabi.net

しかし、例えば「自分は何歳か」を言いたい時や、買い物でお金のやりとりをする際にはもっと大きな数字を覚えなくてはいけませんね。
では早速、16〜30の言い方をみてみましょう。

  • 16〜30の言い方・発音
  • スペイン語の数字の規則性と覚え方
  • 10-100までの言い方

16〜30の言い方・発音


16 dieciséis (ディエスィセイス)
17 diecisiete(ディエスィシエテ)
18 dieciocho(ディエスィオチョ)
19 diecinueve(ディエスィヌエベ)
20 veinte(ベインテ)
21 veintiuno(ベインティウノ)
22 veintidós(ベインティドス)
23 veintitrés(ベインティトレス)
24 veinticuatro(ベインティクアトロ)
25 veinticinco(ベインティスィンコ)
26 veintiséis(ベインティセイス)
27 veintisiete(ベインティシエテ)
28 veintiocho(ベインティオチョ)
29 veintinueve(ベインティヌエベ)
30 treinta(トレインタ)

長くて覚えられないと思うかもしれませんね。
でも規則を覚えてしまえば数字はとても簡単です。

続きを読む

スペイン語で「おはようございます」は何ていうの?使っていい時間は何時まで?

f:id:Tennessee-whiskey:20171105225020j:plain
海外に出かけて、まず一番に気になるのは、その国の挨拶ですよね。
さて、スペイン語で挨拶したいとき、「おはようございます」はどう言うのでしょうか?
今回は、「おはよう」の基本的なフレーズと、朝、人に会った時に使えるフレーズを含めて紹介していきたいと思います。

  • 「おはようございます」はスペイン語でこう言う
  • 他のスペイン語の朝使えるあいさつ

「おはようございます」はスペイン語でこう言う

“¡Buenos días!“
(ブエノスディアス)
“おはようございます”という意味です。

時には“¡Muy buenos días!“(ムイ ブエノス ディアス)と言うこともあります。

“Muy”というのは、“とても”という意味があるので、これは“とってもいい朝ですね”という意味にも訳せます。
素敵な言葉ですね!

基本的にこのフレーズは、正午まで使うことができます。

11:00くらいになると「こんにちは」を使うのかな?というイメージですが、その時間でも¡Buenos días!を使っている人がほとんどです。

スペインや南米のお昼ご飯が13:30とか14:00とか、遅い時間なので、挨拶の変わり目も違うのかもしれませんね。

上記に挙げた挨拶が朝に使えるフレーズです。
簡単なのですぐに覚えられそうですね。

別の言い方で朝に限らず昼でも夜でも使うことができる万能でとっても簡単な基本の挨拶もあります。

“¡Hola!“
読み方はそのまま読むと“オラ”なんですが、アクセントを最初に持ってきて、語尾を伸ばすと現地での自然な言い方になります。ッラ〜”と言う感じです。

続きを読む